安東克典は東京藝術大学 美術学部を卒業、株式会社資生堂へ入社、宣伝部へ配属、デザイナー、アートディレクターとして「ゆれる、まなざし」、「君のひとみは10000ボルト」、「ナツコの夏」、「ホワイトブレンド」などのキャンペーンに携わり、成功させてきた人物のひとりです。

広告から美術へ、それがこれからのストーリー

絵画制作をはじめたのは2004年頃から。作品はカラーペンシルを用いてイラストボードの上に描いていきます。完成したらその絵を複写し、ミュージアムクオリティの顔料インクで一枚ずつプリントするジクレーという技法を用いています。

学校の勉強が苦手だった、けれども絵を描くことは好きだった

安東克典の生まれた家はいわゆる軍人の家系、本人も防衛大へ進むつもりでいたが、いかんせん勉強の方はさっぱりだった。そのため高校三年の時、好きだった絵を学ぼうと美大へ進むことを決意するが、ただ絵が好き、というだけで美大へ入れるわけがなく、受験までの一年間は高校の美術部へ在籍し、絵画制作の基礎を改めて学ぶが、その努力の甲斐も虚しく最初の受験は失敗、その後、合格まで二年の歳月を要しました。

絶望的なはかない瞬間の中から永遠をつかもう

絵画の真の目的は物体の真実の姿を描き出すことであり、見えているように描くことではありません。知覚できる物体の本質、存在を常に描こうとするために、そこに表現される像は見かけと異なるものになります。ご存知のように美術の源泉は「個」にあります。その画家の「個」を説明することは実際に作品をご覧いただくことが一番早く確かだと感じています。描きたいテーマは生と死。作品をご覧になり、作者が描きたい世界の一端を汲み取っていただけたら、これにまさる喜びはありません。

安東克典 略歴

1948年 茨城県に生まれる

1972年 東京藝術大学 美術学部 卒業

1972年 株式会社資生堂 宣伝部 制作室 アートディレクター

2004年 絵画制作活動をはじめる

賞歴:朝日広告賞(準朝日広告賞、部門賞、広告多色部門ほか)、広告電通賞(最優秀作品賞、部門賞ほか)、毎日広告デザイン賞(部門賞ほか)、フジサンケイグループ 広告大賞(部門賞)、読売広告大賞(部門最優秀賞、雑誌賞ほか)、日本広告協会(最優秀賞、JAA会長賞ほか)

安東克典オフィシャルサイト https://katsu-anndo.techne.work/

人は芸術家のどこに共感を覚えるのだろう?

人は芸術家の生き様を知りたがるんじゃないかな? なぜなら、作品そのものを理解するための手がかりとして、生き様であれば自分自身と重ねて比べることができるので共感しやすいんじゃないか。

真っ白い紙に線が引かれ、色が塗られていくと、作品が形を見せ、厚みを増し、次第に完成に近づいていく。ひたすらに描き続ける画家の息遣い、汗、沈黙。傍で見ていると、それが画家の生きているいまを実感できる手立てです。

描き続けるのは苦労の連続だと想像させますが、それを愉しいものと感じさせ、わくわくするような魅力が創作活動の中にあるかもしれない。このような仮説をもとに、当社では画家 安東克典のプロデュース、作品の管理を行っています。

【Life@ANDO】#1 広告から美術へ、安東克典が絵を描くに至るまで。
【Life@ANDO】#2 The Inspiration Behind Past Days.

☆安東克典の作品をInstagramで公開しています。ぜひご覧ください。



past works

PAGE TOP
PAGE TOP